電車やバスで行くスキーツアーのメリットデメリット

最近ではスキーツアーの中でもゲレンデまで電車で行くタイプとバスで行くタイプの2つが人気です。どちらのスキーツアーにもメリットデメリットは当然ありますので、よく理解してから選択するようにしてください。

まず、電車を利用した際のメリットは、大体が深夜に出発するものが多く急行や特急列車です。


そのため、通路に余裕があり必ずトイレや洗面所が設置されているので座席の移動が容易でトイレにも行きやすいことです。

4meee情報が手に入ります。

しかし、現地に到着してからゲレンデまでの距離が遠いことがほとんどなので、雪が降る中に慣れない土地でたくさんの荷物を持って歩くというのは非常に不便でデメリットと言えます。

ビジネス視点でスキーツアーの知識が一目瞭然です。

次にバスで行くスキーツアーのメリットは、出発する時間帯によっても変わってきます。
朝発のものであれば前の晩にきちんと眠って万全な状態で行けることです。

夜発であれば渋滞がほとんどないので移動時間を無駄にすることなくゲレンデに行くことが可能ということです。しかし、どちらの時間帯でもデメリットがあり、朝発のものは夜発のものに比べて到着したその日に滑る時間がかなり少なくなってしまいますし、夜発はなかなか眠ることができなくていざゲレンデに到着したとしても思うように滑ることができないという人もいます。そのため、自分の体調面を最優先にして時間面や費用面など様々な部分から検討することが重要です。

どうしても決められない場合は旅行会社に相談すると最適なプランを提案してくれます。




Copyright (C) 2016 電車やバスで行くスキーツアーのメリットデメリット All Rights Reserved.